薬剤性肝障害 いまりクリニック

薬剤性肝障害

* *
     
診療案内
肝臓専門医の診方
肝疾患の紹介
> 慢性C型肝炎
> 慢性B型肝炎
> 自己免疫性肝炎
> 原発性胆汁性肝硬変(PBC)
> 脂肪肝
> 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
> 薬剤性肝障害
> 肝硬変症
> 肝細胞癌
HOME
 
 
薬剤性肝障害
  服用した薬が体に合わなくて肝障害を起こしたものです。これには服用した薬に対するアレルギーで起こるものと、薬の量がある一定量になってからでてくる中毒性のものがあります。従って、薬を飲んですぐに起こる場合と、かなり時間が経ってから起こるものがあります。 これらの診断は肝障害のパターンとともに薬剤性肝障害を疑うことが診断のス タートになります。
*
戻る 戻る
 
 
 

*
logo 〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1丁目3-38[天神121ビル3階
TEL:092-725-8311/FAX:092-725-8328 |交通案内
Copyright(C)2003 Imari hepatology clinic