自己免疫性肝炎 いまりクリニック

自己免疫性肝炎

* *
     
診療案内
肝臓専門医の診方
肝疾患の紹介
> 慢性C型肝炎
> 慢性B型肝炎
> 自己免疫性肝炎
> 原発性胆汁性肝硬変(PBC)
> 脂肪肝
> 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
> 薬剤性肝障害
> 肝硬変症
> 肝細胞癌
HOME
 
 
自己免疫性肝炎
  免疫とは自分と自分でないものとを区別し、自分でない異物が体の中に侵入したときにその異物を排除する体の仕組みのことをいいます。ところが、自分の体をこの免疫が攻撃することことがあり、その疾患を自己免疫性疾患と言い、肝臓がその標的臓器の場合を自己免疫性肝炎と言います。ウイルス肝炎とは治療法が異なり、免疫抑制剤であるステロイドを上手に使うと非常に良い経過が得られることがよく経験されます。従って、診断が極めて重要で、適切な治療を受ける時期が遅れると命取りにもなりかねません。
肝臓専門医が一番必要とされる疾患です。
*
戻る 戻る
 
 
 

*
logo 〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1丁目3-38[天神121ビル3階
TEL:092-725-8311/FAX:092-725-8328 |交通案内
Copyright(C)2003 Imari hepatology clinic